職業訓練のご案内

電算事務科のご利用について

訓練内容

経理事務科での訓練を終了した方、または入所された時点で既にパソコンの基本的な知識をお持ちの方は電算事務科での訓練が可能です。
Excel、Access、PowerPoint、HPB(ホームページ作成)、AutoCAD、Illustrator、Photoshop、VisualStudio(プログラミング言語)等、各種ソフトウエアを用意しており、様々な希望にお答えできます。

訓練内容

訓練目的

パソコンの応用知識・技能(主にExcel)を習得して、コンピュータサービス技能評価試験による資格(表計算技士・ワープロ技士)の取得や、退所後にパソコンを利用した生活を行えるように支援します。

訓練目的

手や指がうまく動かせない方でも、ジョイスティックや大型のトラックボールのついた特殊なマウスを用意しておりますのでご相談ください。また、Windowsの機能としての固定キーやタッチキーボードなどと組み合わせた、スマートフォンのような操作方法の提案も行っています。


経理事務科のご利用について

経理事務科のご利用について

パソコンの基礎的な操作、訓練を通して、パソコンに慣れ親しみ、一般職や普段の生活において、パソコンを便利に使えるスキルを身に付けていただけるよう支援します。
電源の入れ方から始め、順を追って、その方のペースに合わせて進めて行きますので、パソコンを全く使ったことがないという方、苦手意識のある方でも、無理なく確実に習得していただけます。

経理事務科のご利用について

訓練は主にWordを用いて、様々な形の文書の作成を行います。キーボードやマウスを使用する事が困難な方でも、補助具を使った訓練ができますので、どなたでも参加できます。
訓練修了後は、社会に出てそのスキルを活かすことも、或いは電算事務科に移って、更に次のステップに進んでいただくことも可能です。

訓練目的

一般職で必須とされるパソコンの基本的スキル(パソコンの基礎知識、ファイル管理能力、文書作成能力等)を習得していただくことを目的とします。
コンピュータサービス技能評価試験による資格(ワープロ技士)の取得も可能です。

パソコンの基本的スキル

パソコンの基本的スキル

パソコンの基本的スキル

能力開発科のご利用について

訓練内容

箱折り(菓子箱組立)作業、フルーツキャップの作業(折り返し、小分け結束)を行っています。補助具を使うことで障がいがある方でも作業を行いやすくしています。 
また、手工芸(ループマット・ぺーパーブロックなど)を取り入れた軽作業も行っています。

能力開発科のご利用について

訓練目的

「就労の習慣を身につけます。」「就労意欲を高めます。」「作業耐久力などの基本的な職業能力の向上を図ります。」退所後、就労支援事業所や地域活動支援センター等に通われる方には予行練習になります。
また、細かな作業をすることで上肢機能の訓練になり、趣味の拡大につながります。

細かな作業
細かな作業